喘息の10月

ここ数日肌寒くなり、
喘息気味になっていました。


夜中ヒューヒューして寝づらい。
白湯を飲み、気管を開かせ、
暫く呼吸がなおるのを待つ。



これが落ち着いて
出来るようになるまでは、
吸入器を使っていたけれど、



発作後の気持ち次第で
悪化するか治っていく
かは違うものです。



大丈夫、大丈夫、
と自分に言い聞かせる。



喘息とのお付き合い長いので、
対処方法もわかるようになりました。



彼(喘息くん)が興奮(発作)
起こさないように
とにかく落ちつけ!となだめる。



まあまあ、温かいもの飲んで
興奮収めようよと。



彼(喘息くん)に、怒りが収まるまで
一緒に起きて話を聞いてあげるよ
と夜中暫く相手をする。



暫くすると興奮収まってくれ就寝。

 

あくまでも
私の場合はなので、喘息持ちの方は
自分にあった方法を見つけるといいと
思います^o^ 



人により程度も違いますしね。


が、発作であせらないように
するのは誰にとっても言え、
大事なのではないかな?
と思います。



発作を止める吸入器に頼っていた頃は、
吸入器がみつからないとあせって
発作が酷くなったものです。



毎日使うステロイド吸入を
常備薬で続けていた時期もありましたが、
それも今は要らなくなりました。



私が喘息になるとすると
毎年この時期。



喘息に焦らなくなってからは
年に一度この時期にあるかないかに
なりました。



梅雨の季節の変わり目に
なる方も多いと思います。



同時期にして次男は鼻を詰まらせ
耳鼻科へ連れて行くと、
風邪ではなくアレルギーが
原因っぽいと言われました。



この時期はダニの死骸で
アレルギーおこす人が多い
と言われ、私もそうだった
と思い出しました



私も息子もこれよこれ。
ダニ、ほこりの
ハウスダストアレルギー。



季節の変わり目
10月は見えないダニの死骸が
大発生しているそうです。



寒くなり
布団を出したわ良いが、
まだ干していない!


昨日は晴天だったけど、
仕事すっとんでいってしまった😥



今朝の太陽さん、
たまに曇りにお天気
譲るんですが…




外に布団をとりあえず干して、
布団掃除機を使おう‼︎




レイコップさん、
頼りにしてます♡




布団掃除機必須です‼︎


9CB094D9-512F-4D13-B50B-359A113348C6.jpg





腹筋500回はスクワット15回だそうな

運動をもう少し取り入れないと、、、と思っているところです。はい。。。


次男の幼稚園ママらはランニングをやる方多く、毎週今でも走っているらしい。



参加するともれなくその後のお茶もついてくるという魅力的なお話。



いかんいかん。目的が変わってしまいそうだ。



お茶はお茶!運動は運動で考えよう。



そんなわけで、週末より始めたスクワット。



次男が掛け算九九を暗唱しているので、それに合わせ暗唱の間の私のスクワット運動。



掛け算九九暗唱朝と夜行うので、もれなく私も朝晩やることに。



暗記が終了してしまったらどうしよ。



九九終了後は逆からの掛け算九九にするとか。



インド人式に20x20まで暗唱させるとか。。。



とにかく、、、
私のスクワットが続きますように。。。







posted by グリーンスムージー at 22:28Comment(0)運動

1日3時間立つとフルマラソン10回分と同じ運動量

抗がん剤投与中はとにかくソファでぐったりの日々だったので、すっかり体力衰えていました。




そして6月末から始めたバイトは立ち仕事が多いためリハビリ代わりにもなっています。



1日3時間立つとフルマラソン10回分と同じ運動量

英スポーツ健康学会で運動医学の主顧問を務めるマイク・ルースモア医師は、サンプルを使った研究結果で「週5日間、1日3時間立つことは、年に10回フルマラソンを走るのと同じくらいの運動量である」と主張されているそうです。


つま先を床につけたまま、かかとを上下に動かし、ふくらはぎを動かすのも良いようです。ふくらはぎにある「ひらめ筋」を動かすと、座ってるだけの状態より4倍も血流が良くなっているようです。


エクセター大スポーツ健康科学部のメルビン・ヒルズドン氏は「座っていようが立っていようが、同じ姿勢で動かないことは、エネルギー消費が低く、健康に有害である可能性がある」と主張されているので、要はひらめ筋がどれだけ動いているか?ということなのだろうか?


ま、立ってヒラメ筋を動かしている方が体力はつきます。明らかに疲れにくくなりました。



でも、まだ足りないな。。。私の運動量。


posted by グリーンスムージー at 16:09Comment(0)運動