ドセタキセル再び

最後のドセタキセルから二ヶ月空いたため、随分体力が快復している。
あの頃は、一週間がとっても長く感じ、とにかく余暇はやりたいことができないため、ソファで暇つぶしばかり考え、テレビやHULUでドラマなどみていたなあ。。。


副作用が二週間で治り、残り一週間でバタバタ動き、また抗ガン剤がやってきて…と計画が思い通りには動かないのでゆったりとした気持ちを維持しないと気持ちばかりがあせってしまう。だから外界とは随分シャットアウトしていた。


三月には長男の小学校卒業シーズンとなり、役員の仕事やらでそうも言えなかったが、気持ちも晴れやかになっていた。


やはり手術も終わり、気持ちが晴れやかになっているからであろう。


とりあえず、ドセタキセル投与後二日間は痛みも少なく普通に生活できる。


本日2日目なり。昨夜はデカドロンを飲んだ副作用であまりねれなかったので、お昼寝した。段々だるくはなってきているが、まだ大丈夫大丈夫。口の中が少し気持ち悪い味がするかな。


入学式が控えてるからお顔だけはお顔だけは副作用勘弁してください(>_<)


前回初めて目の周りの赤みがでてしまい、あまりにヒドくてびっくりしたなー。あれ、今回来ませんように。。。なっちゃった時は伊達眼鏡でとにかく数時間だから乗り越えよう!






ブログ再開② 〜ドセの副作用で指がビリビリ…〜

ドセ&ハーセプチン1クール目に、とにかくリレーのように副作用があれこれやってきて気持ちがやられました。



が、2クール目には流れがわかり、気持ちも対処しやすくなりました。



そしてインスタントラーメンでも白米でも、それで一先ずハッピーになれるなら野菜をとることも忘れずゴマをかけたり工夫しながら取り入れました


1クール目よりにノックアウトされていた副作用を8の字に上手くスイスイ交わすことが出来ました(*^^*)



が、手の痺れだけはとにかく消えない



ビリビリするから、これがなくなったらブログ再開しよう。。。



そして…



ずーっとビリビリのまま。。。。



ドセタキセル4回目も終わり…



まだビリビリ。。。



あっという間に、明日もう手術です。



ビリビリ止まりませんが、ブログ再開しました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

ブログ再開① 〜ドセタキセルで学んだこと〜

長い間ブログお休みしていました。


FECでは二週間うなされ、最後一週間はケロッと何事もなかったようでした。
ただただ、とにかく痩せていきました。
その代わり副作用から解放されたらケロッとしていました。


ドセタキセルでは次から次へと続く副作用にうなされ、一クール目でかなり精神的にやられてました。とくに味覚障害!



そのため、食事療法の考え方を変えました!
美味しいと思えない日々でその他の副作用に耐えていたら私の気持ちが萎えてしまい元気がなくなってしまうため、美味しいと思えるものを探し、あれこれ身体に悪いと拒まずにとにかく食べて美味しいと思えたら食べよう!と口に入れるようにしました。



今まで食事について沢山調べて、とにかく身体に良いものを、抗がん作用のあるものを摂るように心がけて、それが楽しくもありました。が、味覚障害に悩まされからは自分の身体が今どうしたらハッピーになれるか、常に対話することが私には一番の薬でした。



このドセの副作用により学んだことなあります。
身体に必要なものは机上で学んだものだけでなく、精神的な心の薬です。身体に取り入れるべきものは人それぞれ違い、その人にとってその状況によっても違うのではないかということです。



常に自分とって対話することが、そしてそれを理解出来るように研ぎ澄ますことが大切なのではないでしょうか。



あれこれ注意した人でも病気になったりします。ダメと言われたものを食べていたのに関わらず、
元気いっぱいの人もいます。やはりそれは根本的にそれであなたはハッピーか?ということにも繋がっている気がします。



インターフェロンという語があります。
自然治癒力で、人間には自分で治癒する力があります。免疫アップすることは勿論ですが、笑ったりハッピーになることにより自分自身で治癒する力があがるのだと思います。



色々知識として、今後も食事に関し勉強したいという思いは変わりませんが、自身をハッピーにさせること。これに勝るものはないと思います。自分と対話しながら楽しく食事療法は続けたいなと思います(*^^*)


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村