乳がんと診断されたら読むオススメ本とブログ 〜若葉マークのあなたへ〜

乳がんと診断されてすぐの頃は、
他の人のブログを読んで凹んでいた人は多いのではないだろうか。


針生検の結果まで時間がかかるので、この間も不安は膨らむ。更に結果出てから今後の治療法決め実際に治療にかかるまでにも時間があり、この間も不安は膨らむ。


そんな未知な世界に突入する中、不安で他の乳がん罹患者のブログを読み、ネガティヴな内容だけがかなり自分の中でクローズアップされてしまったりする。


そんなわけで、私はその期間は少しサーチ読んだ結果、読むのは止めようと思いました。


担当医の先生に自分の病気のことをよく勉強するように、と最初の一冊として勧められたのが「患者さんのための乳がん診療ガイドライン」だった。すぐにアマゾンで購入。

F313E8CB-656E-498D-A4B8-8A9B26B20DE1.jpg

多分他の乳がんの方もこの本をオススメしていると思います。


乳がんはタイプも色々。年齢、腫瘍の部位やらも違えば対処法なども様々。抗がん剤自体が他の癌に比べ豊富です。


なので、告知された段階では他の方のブログを読んで勝手に凹んでいるより、医療的な観点の本を読んだ方が私は精神的にも良いと思った。


治療方法決まってから他の方のブログを読む方が色々ためになると思います。(これはいわゆる標準治療を受ける方の場合であろうと思います。先進治療や民間治療を受けたい場合、探したい場合にはサーチが必要なのだと思います。)


ただ、私が治療前から助けられたオススメブログがひとつあり、こちらは乳がんと宣告された時から読んでも大丈夫だと思います。(MIYUKIさん、勝手に宣伝ごめんなさい

独身31歳。乳がんなんて聞いてないよ!
http://s.ameblo.jp/miyuki2014-2-27/


初期の不安一杯だった頃いくつか見て不安がつのり読むのを止めたが、この方のブログは少し読んで明るいポジティブな方なので、年齢はひと回り違えど直ぐに虜になり、始めのページに戻り一気に読みました。


精神的な面でとても参考になり、本当に助けられました。多分他の読者の方もそうではないかなと思います。顔をだしている方はなかなかいないけれど、彼女は全部隠さず見せてくれるため余計に親近感も湧きました。


乳がんと言われて、まだ不安な時のどんな乳がんタイプかわからない時から読んでも、私がそうだった様に素敵な彼女のブログがあなたの不安を取り除いてくれます様に。。。


追伸:
私もまだまだ未知な世界がこれからも続くので若葉マークです


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村