マクガバン レポートとチャイナ プロジェクト

マクガバンレポートとは1970年代にアメリカ政府が栄養問題に調査に3,000人の専門家と7年の歳月をかけ5,000ページにわたる調査報告書。報告書には過剰な炭水化物の摂取や、砂糖や塩の摂取について書かれてあり、各団体からクレームをうけて闇に葬られる報告書。同時期に癌がその頃ないアジア人を調査したレポートがチャイナプロジェクト。

現在ランニングやスポーツを推進し、日本食はヘルシーだと好み、ヴィーガン推奨国となり、癌の発生率を減らしているアメリカ。反対にかつてのアメリカ動物性脂質の過剰摂取とタンパク質の過剰摂取を今日本は追いかけ癌発生率を増やしている。

やはり食事がもたらす割合は大きいということであろう。

94CC51D5-C26F-4066-A031-889BCFD9BD7E.jpg

「がん予防に効果の高い食品」(参考資料:アメリカ国立ガン研究所「デザイナーフーズ」より)

米国の癌予防対策


ところで、食事もかなり普通に出来るようになった今、かなり野菜を率先して食べている結果、とにかく便通が良い。更に旅行中でリラックスしすぎて、特に運動もしていないのにも関わらず。のんべんだらりと生活しているにも関わらずだ。ぐうたらにしている私の身体は喜んでいるようだ。







旅行中の食事療法

FEC副作用で本当に食べれないながらにも済陽先生の本に書いてあるりんご、ニンジン、レモンジュースや野菜類、豆類(豆乳、納豆、豆類)、キノコ類、海藻類、などなどとにかく少しでも口に入れられるように…ゆるく頑張りました。


野菜や果物に豊富に含まれるカリウムとポリフェノールだそうです。

カリウム
余分なナトリウム(塩分)を体外に出し、細胞が傷つきにくい状態にする。→野菜類より

ポリフェノール
がんの原因にもなる活性酸素の働きを抑える。
→果物類より

この2つが体内の毒を出し、細胞を強化してがんを寄せつけない体をつくるという話でした。

なかでもレモンは免疫力を高めるのに最強な果物だそう。私レモン消費しましたよ。。。

と同時に漢方での考え方としては大量のフルーツジュースは身体を冷やすので、済陽先生の考えに反対の意見も読みました。済陽先生のすすめる玄米についても、色々な意見があるようです。扱い間違えると発がん性のものになるようなので必ず無農薬、炊く前に水で12時間は漬けておくやら。。ん〜玄米については、面倒で続けられるかわからないから、もうちょっと調べてからだな。ユウジン曰く適当に長く続けられるように。私的にもこれに追加するなら美味しくいただけるようにしないと続かない。


さてさて、旅行中どうすんだろ…
朝は生姜にレモンとハチミツをお湯に混ぜて飲むようにしようかな。レモンは買うとしてレモン絞り器と生姜のおろし器は持参しよう。あっ、はちみつも♡
で、食事では出来るだけ野菜多めに和食を食べれる程でいいから食べよう。なんて言っても旅行前は副作用で量はあまり食べれませんでしたし

と考え自宅からは
-小型レモン絞り
-おろし器
-生姜(家にあったので)
-はちみつ(現地で探すの面倒だから)
-レモン(とりあえず一個家にあったので)
を持参



そしてレモン絞り器、生姜擦り器役立ちました!ホットのレモンはちみつジンジャーは、とりあえず私の気持ち的にきちんと続けているということで安心させてくれました。ま、美味しいですし、温まりますし♡

更に熱を出した子供にも役立ちました。

食事はホテル内のビュッフェやら外食郷土料理でした。今までよりも和食を選択した朝食。少しずつ、いろんな品目少しでもとるように心がけました。(豆類、キノコ類、海藻類、温野菜、サラダブュッフェではキャベツ沢山)

フルーツが足りないと感じれば現地で購入しわホテルでナイフとまな板借りれました。りんご、レモンは現地で調達。

郷土料理屋さんには、美味しい魚や海藻類、大好きなもずくがあり、沖縄料理の各種チャンプルーは野菜が沢山♡ 結局この間吐き気の副作用がなくなり、モリモリ食べれました。

この位ラフな気持ちでやれば長く続けられるかも。美味しくたべられるし。

なんくるないさーメロディ


55B3E66A-4003-42F6-BE23-88B7439E4D34.jpg
煮魚 みいばい

FE852D0A-C5C8-4B9F-90FC-D8D0279573C9.jpg
あおさ汁


3F87D7B0-2BD1-4841-8555-B30A643F8683.jpg
浜崎の奥さん(変わった名前のお魚ですが調べると由来があります)





posted by グリーンスムージー at 00:09Comment(0)食事療法

今ある癌が消える レモン、にんじん、りんごジュース?

8/23(日)ママ友で四年半前に大腸癌をわずらったお友達と夕方お茶をした。

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s.jpg

夏休みということもあり、私が連絡した時は丁度旅行で空港に向かうところだった。

が、私の話を聞いて、帰国したらすぐに会ってくれるといい、

時差ぼけながらに私に時間をつくってくれた。

本当にみんな有難い。


彼女が闘病中にレモンを沢山購入していたので、食事の話などをたずねた。

そして、済陽高穂先生の本を教えてくれた。

済陽高穂先生について→http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO82440770X20C15A1000000/

酵素を壊さない低速のジューサーを使い有機のにんじん、りんご、レモン

ジューサーで毎日二リットルとっていたそう。

その他、癌細胞が喜ぶ4本足の肉類を避けたなどなど、かなり頑張ったようだった。

私も乳がんになり、和食を心がけていたが、どれを読んでいいかわからずにいたので、

この際やはり腸というのは身体で重要な箇所であるところの専門家の方の本なら読んでみようと思った。

ママ友の癌は特に大腸ということもあり、取り組まれたそうだが、これはどんな癌患者にも、

そして40超えた身体の新陳代謝が落ちてきている

方にも予防に絶対に良いのではないかなといった感想だ。

そんなわけで、アマゾンで済陽先生のを3冊他にも購入してみました。








そしてここでフルーツを揃えると良いよと教えてくれた
→ピカイチ野菜くん
【楽天市場】無農薬にんじん:ピカイチ野菜くん

低速のジューサーは母にかつて母の日にプレゼントしていたのだが、

これを貸し出してくれることになりました♡

よしゃ!やってみる!


時差ぼけな中、大切な週末に時間作ってくれて有難ね!

やはり経験者はある意味人生達観していて大きいなあと思った一日だったよ!

dd66d1c15b7614a31deaa5ada8322067_s.jpg
posted by グリーンスムージー at 18:40Comment(0)食事療法