全うした人生を送りたい

時差ぼけで、
やはり昨夜早々眠気が、、、。


そして今朝4時起き。


でも早起き好きです♡



今朝は帰りの機内で見た
フランス映画を思い出していました。

 

「奇跡の教室〜〜受け継ぐ者たちへ」
という映画で、とっても良かったんです。
感動しました。


この映画は実際にあったノンフィクションで
今のフランスを物語っていて、多国籍になりつつある、ある高校の落ちこぼれクラスのお話です。



人種、宗教などが違う生徒が混在する
異文化なクラス。



生活環境からか、自信をなくし、
やけくそになっている生徒達。



そこに歴史教師が担任となり現れ、彼らにクラスでコンテストに出ようとみんなにやる気を起こさせます。



先生が選んだ題材は
アウシュビッツでの子供たちと青年



マイノリティである彼らなら
充分に理解できる題材でした。



この話自体の高校生をやる気にさする、
みんなが変わっていく姿にも感動だけど、



アウシュビッツについてのインタビュー
なども心が震わされ、

 

機内で涙…涙…



改めて戦争って
全てを壊してしまうと思った



女、子供は選別されガス室。



家族お互いこれが永遠の別れ
とわかっていても、
また会おうと別れるする様子、、、



また想像してしまいました。



乳がんになり、
最後が迫る恐怖感思い出しました。



戦争なんかで犠牲になるのではなく
自分の身体が全うした最後は迎えたいな。。。
例えそれが癌であろうと。



改めて犠牲になった方達の気持ちを
強く感じました。



映画は戦争がメインではなく、
あくまでも高校生達で、
彼らが変わっていく姿には
とても感動しました。


C3992610-72E8-41BD-B78B-773DC9A816EF.jpg



この記事へのコメント