可愛い息子達 〜次男〜

私が乳がんになっても全く態度が変わらなかった次男。

まだ理解するには難しいであろう。



すごく気持ち悪そうに私がしていたとしても、御構い無し。自分がトイレに一人で行くのは怖いからついて来てくれと頼んだり、お母さん死んじゃったらどうしよう。誰が次にお母さんになってくれるかな?と言ったり(^^;;。


胸が全摘になるかもしれないし、ならないかもしれないという話を初めから話していたのだが、パイ好きな次男はとても顔を曇らせ、とても悲しそうな顔をした。なので、悲しませないようにと、そうなったら再建できる話をした。


すると、パーって明るい顔になり、じゃあその時はもっと大きいのにする?と目をクリクリさせて笑顔になった


いやいや片方だけ大きいの変だから(^^;;


そんな自己中な彼がニュースで癌の話になると
「僕、本当は心配してるんだ」
と神妙な顔で労ってくれたり、


私が気持ち悪い…とふと言った言葉を聞いていたりして
「大丈夫だよお母さん。きっと良くなるからね」
などと励ましてくれたりもする。


そんな言葉を聞くととても成長を感じる。
感無量。。。


ショックを受けさせないように今でも私のハゲ頭は見せていないのだが、この間は一緒に寝ていたら、うっかりナイトキャップが取れてしまっていた。


気がつくと明け方次男に頭をペタペタ触られていた。急いで被ると、


「お母さん、頭が…。眉毛もうすくなっちゃったね。。。でもキレイだよ!大丈夫!可愛いよ!」


私の小さな彼氏
またまた私を慰めてくれた。



そんな次男ですがやはり小学一年生。
「お母さ〜ん、足が痛いから揉んで〜」
見てわかるよね?お母さん、あちこち痛くて動けないんですけど。



ま、しゃーない。揉んでやるか。



私の可愛い息子達
これからも私を笑わせておくれ。







可愛い息子達 〜長男〜

今までも思っていたが、こういう状況になり余計になのか子供達が本当に可愛いと思う。


長男は私が乳がんになり、初めのうちはとにかくすすんでお手伝いをしてくれていた。


ご飯を炊いたり、ゴミ捨て行ったり、近所のお買い物も行ってくれたり。


私が死んでしまうのではないかと思い、ニュースで癌の話が出ると真剣に見たり、お母さんもこうなってしまうのか?と心配されたり。


この子がストレスを溜めてしまうのではないかと心配して、担任の先生にはお伝えした。もしもクラスで何か抱えているような姿が見えたら声をかけて受け止めてあげてほしいと。


心配したのも束の間…


そう思わせないよう努力した甲斐あって???
今ではゴミ捨てやお買い物を頼むと兄弟でお前がいけと喧嘩に。お風呂を洗ってほしいと言うとシャワーにするからお風呂は洗いませんと。



ま、私の病気によるストレスが溜まってないようで良かった良かった(^^;;



うちに居る時間が長い分、じっくり子供たちとつきあえる。



今は長男は好きな女の子が出来、その子の話をしてくれるのも嬉しい。


どうもその子のことで頭が一杯なようで、突然昔の写真を掘り起こし、一年生の時の席が近くにいた写真を探し出したり、ユーチューブで何を思ってか歌を歌ったり…となんだか思春期の入り口に入り出してきている。



中学生になったら好きな子の話してくれなくなるんだろうな〜。